04.ウッドデッキの施工業者

rapture_20131029131818

ウッドデッキはDIYによる施工もできますが、専門の業者に依頼することもできます。

DIYによる施工には、自分で作ることの喜び、達成感を味わえるなどのメリットがあります。

これに対して、専門の業者にウッドデッキを施工してもらうことのメリットは、
(1)経験豊富なので失敗がない
(2)さまざまなアドバイスが受けられる
(3)時間を節約することができる
などになります。

まず、ウッドデッキの施工を請け負っているのは、ウッドデッキの専門業者、あるいは、建築関係の業者になります。

ウッドデッキだけでなく、住宅なども作ることができ、いわば「木工のスペシャリスト」になります。

施工時に必要になる木材の加工や基礎作りなども、プロの専門家に任せておけば安心です。

そして、設計の段階から、自分一人では思い付かないような提案をしてくれることがあります。

自分では、「このようなウッドデッキが一番良い!」と思っていた場合でも、プロの視点で見ると最適ではないこともあります。

プロの視点では、どのようなウッドデッキが最適なのか、という意見を参考に、ウッドデッキのプランが立てられます。

さらに、施工に必要になる時間も節約できますので、忙しい方には嬉しいサービスと言えるでしょう。

rapture_20131029134050

ウッドデッキの施工をする業者の中には、しっかりと構造計算をしてくれる場合があります。

構造計算は、ウッドデッキなどの建築構造物が荷重に対してどのように変形し、どのような応力が生じるかを計算するものです。

また、製作されるウッドデッキが発生する応力に耐えられるかどうかの判定もされます。

つまり、風や地震・積雪などがあったときに、ウッドデッキがしっかりと耐えられるかどうかを計算する手続のことを言います。
この構造計算は、表計算ソフトなどで計算することもできますが、計算のための難しい知識などを学ばなければなりません。

そのため、DIYによるウッドデッキ作りでは、構造計算がされないことがほとんどとなります。

しかし、ウッドデッキの施工業者の中には、構造計算もしっかり行い、安全面に配慮してくれるケースがあります。
DIYによる施工と専門業者による施工の違いの1つは、この「構造計算をするかどうか?」にあるといえます。

 

しっかりと構造計算されて造られたウッドデッキは、強度不足によるたわみ過ぎといった問題も生じません。

床板が必要以上にたわんでしまったり、逆に、まったくたわみがないと、修繕が必要になります。

初期費用は高くなるものの、長期間にわたって安心して使えることで、施工業者に依頼するケースも多くなります。

rapture_20131029131728

「ウッドデッキの施工をどこに依頼するか?」という問題は、依頼を考えている人の多くが悩む問題です。

施工業者を選ぶ基準には、
・経験が豊富であるかどうか
・ウッドデッキを専門としているか
・職人のマナーや態度はどうか
など、数多くあります。

 

しかし、一番おすすめしたい施工業者の選び方は、「近隣への騒音対策などに力を入れているか?」で選ぶ方法です。

ウッドデッキの施工業者は、丁寧な作業をしなければならないのはもちろん、さまざまな所で気を使わなくてはなりません。

そして、最もないがしろにされてしまいやすいのが、近隣住民への配慮です。
業者に依頼する側としても、しっかりと施工してもらうことはもちろん、近隣住民に迷惑をかけないことは非常に重要です。

ウッドデッキの施工を行ったことで、隣近所とトラブルが生じてしまうと、生活そのものに苦痛を感じてしまいます。

そのため、工事をすることの告知や挨拶など、近隣住民への配慮をしてくれる業者を選ぶべきと考えます。

近隣住民への配慮ができる業者なら、ウッドデッキの施工もしっかりすると予想できますし、業者と依頼者とのトラブルも考えにくいです。

細かい点にまで気を使えるような業者を見つけられれば、ウッドデッキの施工も安心して任せることができます。

rapture_20131029141609

ウッドデッキを業者に依頼する場合、その施工価格がいくらくらいになるのかを事前に知りたい人も多いのではないでしょうか。

見積りだけとって依頼しないと、多少の申し訳なさ・後ろめたさを感じてしまうこともあります。

しかし、ウッドデッキの施工価格は、土地の形状や使用する材料・ウッドデッキの大きさなどによっても異なります。

そのため、業者のホームページから問い合わせをして、ある程度の目安を確認するのが良いと思います。

また、ウッドデッキの施工価格を左右する要因には、
(1)材料の違い
(2)施主支給かどうか(木材を自分で手配するかどうか)
(3)形状が複雑かどうか
などがあります。

施工業者から見積もりを取り、予算オーバーであるときは、材料を変更してみたりして検討することもできます。

 

また、事前に「予算20万円でどのようなウッドデッキができますか?」と聞いてみることもできます。

いくつかの業者に予算を伝え、その条件で最もよい提案をしてくれた業者を選ぶ、というのでも良いでしょう。
ウッドデッキを施工する価格相場は、施工する住宅ごとに異なります。

数多くの施工業者と話しをしながら、価格相場を把握していくようにしてください。

free space


最近の投稿