01.ウッドデッキのプラン

rapture_20131029131911

自宅にウッドデッキを作る場合、「どこに」「どのくらいの大きさ」のウッドデッキにするかが問題となります。

ウッドデッキは、ただ作りさえすれば楽しめるものではなく、生活スタイルに広がりをもたせるために作るものです。
たとえば、リビングとウッドデッキをつなげる場合は、そこで食事や会話を楽しむことが多くなりそうです。

食事や飲みものが運びやすくなるようにするのはもちろん、そこで楽しむためのガーデンファニチャーのサイズも計算する必要があります。

また、おじいちゃん・おばあちゃんのいる家庭なら、スロープを設けてで入りしやすくしておくこともできます。

さらに、バスルームと接続させるバスコートとしたり、2階建式の空中デッキにすることも可能です。
このように、ウッドデッキのある生活は、今以上の「便利さ」「楽しさ」になるものです。

そのため、
「ウッドデッキがある生活に何を期待するのか?」
という点をじっくり考え、その中から一番良いと思うものを作る必要があります。

さらに、DIYで施工するのか、それとも専門業者に依頼するのかなど、予算や作り方も検討しなくてはなりません。

このように、ウッドデッキがある生活を始めるには、プランをしっかり立てることが重要です。

free space


最近の投稿