天然木材「チーク」を使用したウッドデッキ

rapture_20131029131728

チーク材という呼称を聞いたことがあると思いますが、インドネシア・タイ・ミャンマーなどに生育する高級天然木材です。

高級家具や内装・船舶などにも利用されるもので、耐朽性がきわめて大きく、シロアリなどの害虫にも強いという特徴があります。

チーク材の中でも、ミャンマーチークは「本チーク」とよばれ、他のチーク材よりも1歩抜きんでた特徴があります。

ミャンマーチークは、暖かみのある色調や半永久的な耐久性を誇ることから、国会議事堂の内装や豪華客船の甲板材としても利用されます。
このチーク材をウッドデッキで使用するには、DIYによる施工は難しいかもしれません。

非常に頑丈な木材ですので、切断加工や穴開け加工に経験とコツが必要になるからです。

もし、チーク材を使用したウッドデッキが欲しいのであれば、専門業者に施工依頼するか、あるいは、キット販売されているものを選ぶと良いでしょう。

ウッドデッキのキットは、規格化されたウッドデッキに必要な部材がカットされて送られてくるもの、パネル状のものを組み合わせて活用するものがあります。

チーク材がもつ、独特の優しい色調により、完成したウッドデッキで心が癒されることになるでしょう。

free space


最近の投稿